何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
Taverna CERVINO ~期待高まる新店の登場~ 
2011.07.19 Tue 20:32

前回の記事で紹介した新店から一つ。

タベルナ・チェルビーノに行ってきた。

実は先に手前のトリタムラッテに行こうと思っていたのだが、ランチメニューは親子丼のみということで今回は見送った。

というのは、親子丼なら本店の鶏田村でいただいたことがあるし、HPの焼鳥バールという言葉に大いに期待していたからである。

店員さんの話によると 「今はオープンしたばかりなので」 ということだから落ち着いてからまた行こうと思う。

Taverna CERVINOTaverna CERVINO


さて、店名に 「食べるな」 とあるが、これはイタリア語で 「食堂」 を意味するので、安心して食べていただきたい。

さらに 「チェルビーノ」 のほうも調べてみると、アルプスの少女ハイジで有名な あのマッターホルンのイタリア側からの呼び名だそう。

マッターホルンのように空に向かって高く、どこまでも伸びていきたいという店主の気持ちが表されている、・・・かどうかはわからないが、店主はミラノ近郊のレストランで修行したそうだから、何かしら意識しているのだろう。

また、「チェルビーノ」 には 「鹿の」 という意味もあるらしいから、奈良の地に根を張ってがんばっていこうという店主の意気込みも感じられて好感度アップである。

Taverna CERVINOTaverna CERVINO


さて、今回はオープンしてすぐの11時半過ぎに入店したので、当然ながら客は私たちだけであった。

店内はカウンター席4席を含む12席。こぢんまりとしているが、店主が一人でやっていることを考えると、満席になったときは大変そうだ。

私たちは3人だったので中央の4人がけのテーブルに座った。


メニューはこんな感じ。(クリックすると大きくなります)

Taverna CERVINOTaverna CERVINO


私たちは日替わりのランチを2つ (パスタを1種類ずつ) とアラカルトから何かできるものはないか聞いてみた。大人2人と子どもが一人だったので、少しプラスしたかったのだ。

すると、シェフは快くOKしてくれ、「何でも作ります」 と言った。

お言葉に甘えて、ポルチーニのリゾットとビールとグラスワインを注文。

Taverna CERVINOTaverna CERVINO
Taverna CERVINOTaverna CERVINO
Taverna CERVINOTaverna CERVINO


上左:ランチコースの前菜盛り合わせ
上右:ビールとグラスワイン
中左:夏野菜とベーコンのスパゲティ
中右:長崎県産剣先イカと万願寺とうがらしのスパゲティー
下左:キノコと乾燥ポルチーニのリゾット
下右:アールグレイのパンナコッタとエスプレッソ

ということで、話は一気にまとめに入る。

この界隈はフレンチ、イタリアンの店の密集地域でアルテ館とその向かいのビルだけで スクワール、プティ・パリ、ピコレ、nero、と5店もあり、この店で6店目になる。

いただいたものはどれもおいしかったし、前菜、パスタ、デザート、エスプレッソで1000円という値段はコストパフォーマンスも高い。

また、お客さんが多いと無理かもしれないが、昼でもアラカルトで一杯といった使い方ができるのもポイントが高い。

今でこそ ビルの一番奥にひっそりと目立たないように咲く月見草であるが、マッターホルンのように高くそびえ立つ日がくる可能性が高いと期待が高まる新店の登場である。

タベルナ・チェルヴィーノ 
奈良市小西町5 アルテ館1F
0742-26-5955
11:30~14:00 17:30~22:00
不定休 P無


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イタリア料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(9) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
いつも楽しみに拝読しております。
naranaraさまの独特の節回しと落とし加減が絶妙な文章の大ファンです(笑)。

さて、ご紹介されているのを見て、早速ランチ行ってまいりました。
トマトソースの方のパスタをいただいたのですが、
味やオリーブオイルの量やコクなど自分好みでうれしかったです。
ただひとつ残念だったのが、エスプレッソがビビるほど薄かったこと(汗)。
「アメリカンちゃうかー」ゆうくらいホンマ薄かったのが、
ちょっとパスタのおいしさを瞬時に消し去るほどの衝撃でした(泣笑)。

エスプレッソはナポリ並の濃さとコクがなくっちゃーという人間なのですが、私が行ったときだけたまたま薄かったのかな??…
naranaraさんが行かれたときはいかがでしたか…??
URL | シカ #SEFye3cg
2011/07/31 02:15 [ 編集 ]
 
シカさん、こんばんは。
エスプレッソの濃さですが、思い出そうにも覚えていません。
でも、私も濃いのが好きなので、覚えていないということはそこまで薄くはなかったように思います。

私はイタリアには行ったことがないのでナポリの濃さはわかりませんが、イタリア人はエスプレッソに砂糖をたっぷり入れて飲むと聞きました。

この前、よく似た名前のクッチーナ・チェルボに行ったとき、試しに砂糖を入れて飲んでみましたが、私には甘くて・・・、やっぱり苦いブラックがいいと思いました。

話はそれまくりましたが、チェルビーノのエスプレッソ、そんなに薄いという記憶がないです。
URL | naranara #bQLI5caw
2011/07/31 18:06 [ 編集 ]
 
naranaraさま

早速お返事ありがとうございます。

そうですか、覚えてらっしゃらないということは、
私のときだけたまたまだったのかも知れませんね。

私もエスプレッソはずっと砂糖なしで飲んでいました。
そういうものだと思っていたんです。
でもnaranaraさんが仰るように、イタリアでは、
砂糖たっぷりで飲むようですね。
私もあるときイタリア人にすすめられて砂糖をどっさり入れて飲んでみて以来、砂糖たっぷりが定番となりました。
砂糖を入れることでコクと香りがさらに引き立つそうなんですよね。
で、最後にカップの底にたまったエスプレッソの染みた砂糖を
スプーンですくって食べる(笑)。
イタリア人にとってエスプレッソは、一口ドルチェみたいなもんらしいです。
とはいえもちろんイタリアにも、砂糖なしで飲まれる人もたくさんいるようです。

苦いけれどもエスプレッソは焙煎が深く長いから、ブレンドよりカフェインが少なく、胃にもやさしいそうですね。

エスプレッソはそれぞれの好みに合った色んな楽しみ方があって、豊かな飲み物ですね。

URL | シカ #SEFye3cg
2011/07/31 18:41 [ 編集 ]
 
なるほど、砂糖たっぷりのエスプレッソがドルチェの感覚だったとは目からウロコです。

ただ、そのドルチェ自体 嫁さんや子どもに 「食べて」 というくらい甘さに弱い私にとっては、やはりエスプレッソは苦いのが好みです。

チェルビーノの薄いエスプレッソ、きっとたまたまなんでしょう。まだ、オープンして間もないですから、何かをミスったのかもしれません。

今後そういうことがないように「念」を送っておきます。(笑
URL | naranara #bQLI5caw
2011/07/31 21:18 [ 編集 ]
 
私も以前は、エスプレッソを砂糖なしで飲んでいました.今でも砂糖なしで飲んだりしていますが、やはりどこかで、エスプレッソは砂糖をたっぷり入れて飲むものだと教えられて、砂糖を入れて飲むときもあります.たしか、雨宮製麺所では、「苦い人生、せめてエスプレッソには砂糖を」みたいなことがどこかに書かれていたように覚えています.雨宮さんところには、砂糖ツボにバニラビーンズが入っており、香りを楽しめるようになっています.たまに、「ゴミ」が入っているというお客さんもおり、「バッッカじゃないの」と憤慨してはりましたけど.
cafeWAKAKUSAにはでっかいマシーンがあって、おいしいエスプレッソがいただけますね.
URL | KH #-
2011/08/04 05:44 [ 編集 ]
 
ヨーロッパ諸国が植民地獲得競争をしていたころ、砂糖を使った甘いデザートが何よりも贅沢品だった、という話を本で読んだことがあります。

日本だと食後は水菓子といった簡単なフルーツですましますが、ヨーロッパ諸国ではデザートこそがメインであると。

エスプレッソの砂糖もその流れなのかな、とちょっと思ったりしました。

URL | naranara #bQLI5caw
2011/08/04 23:02 [ 編集 ]
 
チェルボでも、砂糖にはバニラビーンズが入っています(笑)
URL | KH #-
2011/08/05 05:59 [ 編集 ]
 
そういえばチェルボでKHさんの話題が出て、シェフは私のことを知ってはりました。(笑)
URL | naranara #bQLI5caw
2011/08/05 15:19 [ 編集 ]
 
ひょっとして正体ばれましたか(笑)ばれてても内緒でお願いします
URL | KH #-
2011/08/05 17:24 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/400-4e59f8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)