何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
まちなかバル ~奈良のまちを食べ歩こう2~ 
2011.10.16 Sun 22:24

張り切って、ならまちバルを回るぞ、

と思ったら問題が発生した。

息子が熱を出したのだ。泊まりがけの行事で張り切りすぎたらしい。

さて・・・、

熱の息子を置いて昼間から飲み歩くなんて親として とうていできない・・・、


仕方がない・・・。

仕方がないので、まちなかバルには、 私一人で行くことにした。

「いくんかい!」 というツッコミがあるかもしれないが、嫁さんに残ってもらうことにしたのである。計画では私と嫁さん・息子チームに分かれて、アテ&酒とデザート&ソフトドリンクを回ろうと思っていたのだ。


計画を変更する。

いつもなら、週末は自転車の息子を連れて奈良公園までジョギングしているのだが、今日は一人で走る。できるだけ遠くから奈良駅に帰ってくるように順番を決める。


1軒目 なら和み館 Restaurant&Café あをがき

なら和み館 Restaurant&Café あをがきなら和み館 Restaurant&Café あをがき


【バルメニュー】大和ポークのゆずこしょう焼or大和鶏のから揚げorケーキ
         +ドリンクセット

 落ち着いた和の趣きの中で味わっていただける当店自慢の限定メニューです。
 甘いものがお好きな方には「ケーキ+ドリンクセット」もご用意しております。


この日は気温が高かったせいもあって、店に着いたときには汗だくであった。店員さんや他のお客さんは何事かと思ったことだろう。

私はヤマトポークのゆずこしょう焼とビールを選択。このビールのうまいこと。渇いたのどを潤してくれる。

そして、ヤマトポーク、私は豚の味を味わい分けるほどの舌は持ち合わせてはいないが、ヤマトポークと銘打たれたものをいただくときに気を付けていることがある。

それは、脂の味である。安物の豚肉は脂がしつこくて、どろっとした味だが、ヤマトポークは脂があっさりとして上品である、と言われている。だから、脂がさらっとしているかどうか、気をつけながらいただくことにしているのだ。

ここの柚子胡椒焼きはさすがに肉質も柔らかく、脂も上品ないい豚であった。


2軒目 タイ料理 RAHOTSU (ラホツ)

タイ料理 RAHOTSU(ラホツ)タイ料理 RAHOTSU(ラホツ)


【バルメニュー】タイの焼酎orグラスビール&揚げパンとタイのヤム(サラダ)

 タイの寄せ鍋「タイスキ」前菜やデザート付3500円(2名様~要予約)
 宴会にご利用下さい。 ラホツのタイランチ千円、単品多数。 


冷たいビールも飲んで、汗も引いたので隣へ移動。

ドリンクはタイの焼酎にしてみた。モンシャムという銘柄でタイの最高級香り米を使ったプレミアムな焼酎だとか。

私はロックで飲んだのだが、クセが無くスっと飲め、あまりにスっとのどを通るので、度数を聞いてみたら30度ということで驚いた。

春雨のサラダも揚げパンも辛くはない。揚げパン用にスイートチリが付いているが、カウンターに置いてある調味料 (ナムプラー・唐辛子酢・唐辛子粉) で味を調節してもいい。


3軒目 旬菜 香音 (かのん)

旬菜 香音(かのん)旬菜 香音(かのん)


【バルメニュー】抹茶塩で頂く、エビと季節の野菜の天ぷら。
         ワンドリンク(生ビール、焼酎、チューハイ、各ソフトドリンク)

 奈良の地酒や大和牛、季節の一品、ご飯ものまで、
 リーズナブルな価格で、お一人様でも気軽に立ち寄って頂けるお店です。


ここは近々行こうと思っていた店。松花堂弁当や定食も気になっていたが、先にバルでお邪魔することにする。

店に入った時点で13時半、そろそろランチの時間も過ぎて、先客も私の後から来た女性3人組もみんなバルチケットを出していた。

ドリンクは選べたが、天ぷらということもあってビールにした。隣の女性は、「杏露酒もある~♪」 と盛り上がっていたが、結局は芋焼酎をロックで頼んでいた。


4軒目 藝育カフェ Sankaku(サンカク)

藝育カフェ Sankaku(サンカク)藝育カフェ Sankaku(サンカク)


【バルメニュー】Sankakuカレーorロコモコ風ごはん+ビールorソフトドリンク

 ごはん・おやつ・アートのSankakuは下御門に移転しさらにパワーアップ!
 アートを楽しみながら、おくつろぎ下さい。
(HP)

そろそろご飯も、ということでカレーをいただくことに。

この店、前は夢キューブにあった。そのときは行けずにいたが、バル企画とはいえ、今回やっと訪店することができた。

狭い階段を上って、入ってビックリ!

こんな空間が下御門にあったのか?

舞台があるから元は劇場だったのだろうか。段差のあるフロアーはけっこう広く、壁にはアートな作品が飾られている。椅子やテーブルもデザイン性の高いものが置かれおしゃれな雰囲気を作り出している。

カレーはココナッツミルクがよく効いたマイルドなタイプ。プツプツとした黒米の食感も楽しくなかなか見事な出来だ。


5軒目 よばれや

酒食楽横丁よばれや


【バルメニュー】鶏の塩麹焼きと日本酒

 15日土曜日は酒食楽横丁でイベントを開催しています。
 土曜日にお越しのお客様は酒食楽横丁にてお待ちしております。


最後の締めくくりとして、酒食楽横丁に行った。

開店の2時に合わせて行ったのだが、まだ提灯を準備していて、大和時間であった。私は息子が熱を出しているのと嫁さんがこの後予定があるのとで、2時半には帰りたかった。 

鶏の塩麹焼きは鶏の脂と塩辛さが日本酒に合う品であった。ちなみに酒はスッキリした味をというリクエストに 「春鹿純米吟醸冷やおろし」 を出してもらった。

鶏と日本酒との相性はさすがによくて、スッキリと最後の一品を楽しむことができた。


さて、この後、らほつの屋台で、ネームというタイのソーセージと腸炒めを買い、テイクアウト用の袋が無いというので、発泡スチロールの箱を持ったまま、家までランニングで帰ったのであった。


まちなかバルは3回目ということであるが、とっても楽しい企画なので、4回目、5回目、10回目、100回目といつまでも続いてほしいと思ったのである。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/406-c6bd7f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)