何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
クーカルバザール後編 ~酒発祥の地で試飲三昧~ 
2011.11.16 Wed 20:18
 
ビールを飲み終えて、飲み物を買いに出た。地酒のブースは2つあったが、まずは やたがらすの幟が目立つ、酒老舗 喜多本店のブース。

本当はいくつか試飲した後、気に入ったものをグラスでもらうつもりであったが、グラス売りがなく、結局 試飲しただけになってしまった。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


●やたがらす 純米樽酒 たる樽
「おすすめをください」 と言うとすすめられた。たる酒はたいてい強い味の酒を長く浸けて黄色くなるものだ。これは、すっきりとした純米酒に軽く杉の香りを付けたもので、アルコール度数14度ということもあり飲みやすい。

●吉野物語 いちご
うめ、ゆずなどがあるが、今回は苺の酒を試飲させてもらった。とろっとしたジュースのような酒で女性や子どもに好かれるだろう。いや子どもはいかん、ただ、息子に匂いをかがせたら、「おいしそう」 と言ったので、やはり子ども向けという味である。

●貴仙寿吉兆
すっきりした味をとのリクエストでいただいた。「吟醸なんで米の甘さが出てますやろ」 確かにすっきりとした味の奥に米の甘さが感じられる。

●冷やおろし
熟成させてコクを出したもの。「焼酎飲まはりますか、何年もので黄色くなったやつ、あんな感じですわ」 と飲ませてもらうと確かにこれまで飲んだものとはまた違った味。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


私はもともとあまり日本酒は好みではない。できるだけ水のようなスッキリとしたものがいいと言ったら、嫁さんから、「水飲んどけば」 と言われるほどである。

しかし、今回、試飲していると、味の違いがわかっておもしろかった。4杯試飲して、結局何も買わず、「ありがとう」 とブースを後にしたのだが、最後までイヤな顔一つせず、熱く日本酒を語る店主には感謝である。感謝だけでは申し訳ないので、宣伝もしておきたい。

「酒老舗 喜多本店」 (←よければクリックを) さん、ありがとうございました。


さて、隣のブースも地酒であった。しかも、

今西酒造×女子大生のコラボ 

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


私はなぜだかわからないが、大きな力に引き込まれて、ブースの前に立っていた。

試飲させてもらったのは2種類。

●四天王の吟醸酒
朝の光に照らされて、新しい奈良の朝が目覚めます。

●不動明王の純米酒
燃え上がる炎の如く古都奈良のいろ、あざやかに。

ここは酒の味は別にして、アニメチックなラベルやキャッチコピーが個性的である。元は今西酒造の酒だが違うものになったような感じでおもしろい。女子大生が注いでくれるのも、いとをかし。

考えてみれば奈良は日本酒発祥の地である。これだけいろんな種類の酒があるのに、日本酒は苦手とか言ってていいのか。私は日本酒に目覚めなければならんと心に誓ったのであった。


さて、試飲も6杯飲むとそこそこである。カフェイルンガがブースを出していたので、ここでサンドウィッチを、そして、もっふるで にくぱんを買って席に戻った。

クーカルバザール2011クーカルバザール2011


イルンガのサンドウィッチは、2種類あったが、選んだのは、ヤマトポーク岩塩焼き、村上農場の 熟成ジャガイモ モルタデッラハムを使ったパニーノ。 長い名前である。

にくぱんは生地に奈良産米粉を使いもっちりとした食感。具材には奈良漬けを入れジューシーであっさりとした味。

サンドウィッチとワイン、青い空と爽やかな風。そして、にくぱん。

いい時間と空間である。こんな企画が今年で終わりとは残念である。せめてバザールのようなものだけでも続けられないものか。

奈良公園の芝生の上で、いい感じに酔いながら、時計を見ると、ちょうど正午になるところであった。


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/417-4b6dd408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)