何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
九州旅行② ~熊本城 ~ 
2012.03.29 Thu 23:40

関空を12時5分に出発した飛行機は、定刻通り13時15分に福岡空港に着いた。
そこから、私たちがまず向かったのは、火の国 熊本。

海外旅行でもそうだが、なるべくお金をかけない方法で旅行する私たちが選んだ移動手段はやはりバス。

西鉄高速バス ひのくに号~

熊本城熊本城


もちろん速いのは、新幹線、1時間ほどで熊本まで行けるが、運賃片道3500円。
バスだと2時間かかるが、往復割引や、回数券などを使えば、運賃片道1600円。

4人、往復 だとその差 歴然。


熊本バスセンターに着いたら、くまもんがお迎え。どこかのキャラと違ってカワイイ。
ドーミーイン熊本という天然温泉大浴場付きのホテルにチェックイン。

そして、戦国時代にはまっている息子が楽しみにしていた熊本城へ。

熊本城熊本城


お堀のたもとには、熊本県民から せいしょこさん と呼ばれる加藤清正の銅像がたって、いや、座っていた。

桜が五分咲きあたりで、お城祭りと銘打って、いろいろなイベントや夜間開園が行われており、桜の下ではサラリーマンが集まって宴会を始めるところであった。


熊本城は説明するまでもないが、日本三名城の一つで、ちなみに後の二つは名古屋城、大坂城 (姫路城) である。 (三名城といいながら、姫路城を入れると4つになるのはどういうことか・・・)

熊本城熊本城


熊本城には数々の見所がある。お城大好きな息子はマニアックな知識を披露しながら説明してくれる。

「石の階段は幅や高さを変えて登りにくくしてある (写真左)」

「石垣は上へ行くにつれて勾配が急になり、武者返しと呼ばれている (写真右)」


私たちは、その度、「へえ~」 とか言いながら、見学していた。

熊本城熊本城


「闇 (くらが) り通路という真っ暗な通路で敵を混乱させる (写真左)」

「昭君の間は豊臣秀頼を将軍に迎えるために作ったと言われている (写真右)」

「ほお~」

いろいろと勉強になったり、感心したりした私たちであったが、一番、印象に残っているのはこの一口城主の名札。

熊本城


鈴木Q太郎さんの名札。

みなさんも、熊本城に行ったときには、ぜひお探し下さい。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
いつも拝見させていただいています
やっぱりバスですね
ゆっくり移動するのも旅の醍醐味
以前熊本に行った際は
体調を崩しホテルから出ずに終わりでした
また行ってみたい場所です
URL | 8 #-
2012/04/05 08:56 [ 編集 ]
 
8さん、こんばんは。
バス、大好きです。
慣れるとどこに行くのも便利なんですよねえ。

熊本、ホテルから出られなかったとか。
それは残念でしたね。
私たちもメインが福岡だったので、
一日だけでしたが、阿蘇の方とか、
もう少しゆっくりとまた行きたいです。
URL | naranara #bQLI5caw
2012/04/05 17:17 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/450-e04cf606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)