何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
九州旅行⑬ ~フェリーとツタンカーメン ~ 
2012.04.02 Mon 18:23
 
帰りのフェリーは新門司港から出る。
新門司港に行くには門司から無料のバスに乗る。

・・・ということで、門司港 からさっき間違って降りた門司 まで電車で戻り、新門司港 までバスで移動した。

ややこしいので、門司港からフェリー出せませんか?

とはいえ、スムーズにチェックインを済ませ、後は寝てたら南港に着く。

大洋フェリー大洋フェリー


予約を取ったのは、特別2等洋室 (グリーンA)。
キャンペーン中で2等洋室と同じ値段、一人5500円弱。

普通と特別の違いはテレビ付かどうか。泊まりと移動合わせた額と思えば充分安い。
さらに大浴場、いや中浴場ぐらいの風呂もあって、なかなかのんびりできる。

テレビではものまねグランプリが放送されていて、哀川翔が元気だった。疲れが出たのか、うとうととしてきたと思ったら眠りについていた。


朝、館内放送で目が覚めた。明石海峡大橋が見られるという。

大洋フェリー大洋フェリー


嫁さんと子どもたちはまだ寝ていたので、とりあえず写真とビデオぐらいは撮っておこうと甲板に出た。

瀬戸内海に吹く海風が心地よかった。周りには首からタオルを掛けたおっさんや記念撮影をする熟年の夫婦がいたが、みな穏やかな顔をしていた。

私たちの旅もこれで終わりである。娘は高校で練習の厳しいクラブに入る予定だ。
こんな風に一緒に旅行するのもしばらくできないかもしれない。そう思うと涙が出た。

(うそ)

まあ、うまく時間を見つけて、またみんなで旅したいと思う。


新門司港を19時50分に出発した “ふくおか2号” は順調に航海し、8時20分に大阪南港に着岸した。

私たちはニュートラム、地下鉄を乗り継いで、大阪港に行き、天保山特設ギャラリー (旧サントリーミュージアム) でツタンカーメン展を見た。

ツタンカーメン展ツタンカーメン展


ギャラリーには10時ちょうどに着いたのにすでに40分待ち、しかも、黄金のマスクは出品されていないという。仕方がないので、これはエジプトまで見に行くことにする。

待っとれ、黄金仮面。

写真右はツタンカー麺 (塩味)。話のネタに買いたかったが、レジがものすごく混んでいたので断念した。ちなみにツタンカー面もあるらしい。さて、後は奈良に帰るだけである。


このシリーズはこれで終わりです。長い間読んでいただき、ありがとうございました。

ご苦労!ようやった と言ってくださる方、やっと奈良ネタに戻るんかと思っている方、記念に↓クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/463-40b9a68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)