何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
Tiem an HUONG VIET ~京都でフォー!~ 
2012.11.28 Wed 19:50
 
ちょっとした用事で京都に行くことになった。

その用事は夕方からだったのだが、せっかくなのでランチやら秋の京都観光などもしてみたいと思い、午前中に奈良を出た。

国際会館行きの近鉄電車に乗り、烏丸御池で下車、小雨が気になる天候ではあったが、この日のランチ場所に到着。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


Tiem an HUONG VIET 

ティエム アン フォーン ヴィエット というベトナム料理店。


ベトナムといえばかなり前になるが行ったことがある。

そのときは脱皮したすぐのカニとか、ヤギのおっぱいの焼肉とか、椰子虫とか、ホビロン (孵化寸前の卵) とかベトナム料理の奥深さを感じて帰ってきたのだが、何を食べても美味しかった記憶がある。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


とはいえ、やはりベトナム料理といえば フォー!、そして春巻き、といったところが定番だろう。

実際、この店も夜用のアラカルトメニューには牛鍋や薬膳スープ、マッドクラブなどいろいろあるが、ランチだと麺などの料理が中心になる。


私たちは海南チキンライスのフォー・ガー付き、フォー・ボー、ブンボー・フエのそれぞれセットを注文。バインミー (ベトナム風サンドウィッチ) も気になったが、そんなに食べられない。

Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


セットにはチャーゾー (揚春巻き)、ゴイ・クゥーン (生春巻き)、サラダが付く。つけダレはスイートチリだが、卓上にはホッとチリなどの調味料がある。

ランチタイムサービスでドリンクがお得 (400円) だったので、私は生ビール、嫁さんは白ワインをいただいた。 電車だからつい昼間っから飲んでしまう。


Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


左:海南チキンライス
鶏を茹でたときにできるスープで炊いたご飯にその鶏肉を乗せる。生姜、唐辛子、甘味噌を好みで付けていただく。

右:フォー・ガー
ここのフォーは自家製の生麺とのこと。卓上のナムプラーやレモンで塩味や酸味をプラス。あっさりとした優しい味。


Tiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエットTiem an HUONG VIET/ティエム アン フォーン ヴィエット


左:フォー・ボー
ガーが鶏に対してボーは牛。牛骨スープにトッピングも牛肉。香菜の大盛りは+100円。

右:ブンボー・フエ
ベトナムの古都、フエの名物麺。レモングラスと赤唐辛子を炒めて作った調味料を入れ辛酸っぱい味。


この店、雰囲気もハノイのカフェをイメージしているそうで、置いてある物もキッチュ、落ち着いた感じである。お酒のメニューも多く、家の近所にあったら通いたくなる、そんな店であった。


Tiem an HUONG VIET
ティエム アン フォーン ヴィエット
京都市中京区押小路東洞院西入ル118
075-253-1828
12:00~14:00(土日は~15:00)
18:00~21:30
火休 P無


P.S さて、烏丸御池でランチをいただいたのには理由があって、近くにある京都文化博物館で催されている「シャガール展」 を見に行くためである。

シャガール展


さらに言うと、この絵の左下に注目していただいたらわかるのだが、ちょっと面白いものが描かれていて、それが観たかったのである。



それがこれ。

シャガール展


お尻を出して、う○こをきばるおっさん。

もう終わってしまったので、お薦めできないが、シャガール、なかなかお茶目である。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:京都 - ジャンル:旅行

タグ : エスニック料理

category:食べ歩き 奈良県外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
いつもながら 素敵なお店を発掘されますね

ベトナム料理もおいしそうv-271

昔はデパ地下の惣菜コーナーで

生春巻きなんてありませんでしたよね。

それにシャガールにこんな絵があるんですね。

絵の細部まで見てらっしゃいますね。
URL | まほろば鹿雄 #-
2012/12/01 00:51 [ 編集 ]
 
いやいや、そうでもないです。
シャガールのう○この絵は別の絵にも描かれていまして、それも見つけました。

豊穣を祈るのでは?とか、子どものころの思い出?とか説がありますが、よくわかっていないようです。
URL | naranara #bQLI5caw
2012/12/01 16:59 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/491-1c59b969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)