何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
ターボー ~古墳探訪の後にネギラーメン~ 
2013.05.13 Mon 20:30
  
前回の古墳めぐりが思いのほかおもしろかった。(記事はこちら

その後、家に帰って、事後学習していると、古墳マニアの方のサイトを見つけた。読むと、東乗鞍古墳以上に感動する古墳があるという。(大和の古墳探索

そんなにすごいのか? と思うと、居ても立ってもいられなくなり、休日に出かけてみた。

天王山古墳天王山古墳


赤坂天王寺古墳。

桜井の倉橋のため池の近く、朝倉台の住宅の西側にある。角の八百辰が目印になる。

看板を見てもらったらわかるが、まむしに注意してください。

古墳の前にはおじさんが座っており、「古墳はここから入るのですか」 と聞くと、「そうじゃ」 と答えてくれた。ラジオを聞きながら、おにぎりを食べておられたのでたぶん古墳守と思われる。


これまでの古墳同様入り口が狭く、中が広くなっている。

天王山古墳天王山古墳


特筆すべきは、この見事な家型石棺、しかも、後ろ側にも回ることができ、全体像を存分に見ることができる。また、長さ6.4m、幅3m、高さ4.2mの巨大な玄室のぴったりとした石組みも、また往時の被葬者の権力を感じさせる。

さらに、この古墳のすごいところは、この盛り上がった小山に5つの古墳が集まっているところでもある。

はじめに見た1号古墳の他、2号から5号までの古墳があり、3号古墳の石室にも入ることができる。

すばらしい~!

・・・と、息子と2人感動していると、嫁さんから、「お腹すいた」 と言われた。


では、この感動を胸にお昼ご飯を食べに行くことにする。

桜井にはそんなにしょっちゅう行くわけではないので、行っとくべき定番の店がいくつかある、・・・で、今回行ったのが、

ターボーターボー


中華 料理 ターボー

桜井では比較的昔からある店で、きっと、店主の名前が “たかし” あたりで、あだ名がターボーなのだろう。ねぎラーメンが有名な店である。

家族連れや仕事の昼休みで訪れたおじさんなどで店内が賑わう中、私たちは6人がけの座敷に案内された。

ターボーターボー


左:ねぎラーメン
醤油ベースのスープに細めのストレート麺。カキ油と白ネギで作った自家製ネギ油を高温に熱してからラーメンにかけるので、香ばしさとともに独特の甘みが感じられる。これに、たっぷりの小口ネギ。730円。

右:麻婆丼
唐辛子はピリ辛、山椒も適度に効いて、町の中華屋さんと本格四川料理店の中間ぐらいの味。730円。

ターボーターボー


左:ターボー定食
酢豚、小海老の天ぷら、かに玉、焼き豚など4種類のおかずとスープ、フルーツなどが付いたセット。840円。

右:水餃子
おすすめのメニュー。もちもちの皮にジューシーな具。しょうがの利いた醤油ダレと辛子を付けて。300円。


休日でも定食が注文できたり、メニューがすごく多かったり、地元の人に愛される店なんだろうと思う。

古墳とネギラ-メン、まだまだ知らない桜井をこれからも探索していきたいと思う今日この頃であった。


ターボー
桜井市芝303-1
0744-43-1986
11:00~15:00 17:00~22:00 (日は休憩なし)
水休 P有

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン 中華料理

category:食べ歩き 奈良市外
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 Treasure
古墳めぐりですか、なかなか渋いポイントを攻めていて羨ましいです
お金がかからずに楽しめる所が気に入りました(笑)
画像を見る限りでは、長年の風雨にさらされ忘れられ、誰も管理をしないまま朽ちるに任せているわけでも無さそうですね
 
ピラミッドなどとはやはり規模も違いますが、日本らしさ、ヤマトらしさがありますね
でも…トレジャーハンターではないですよね?(汗)
URL | きん #eNo2xelU
2013/05/15 08:30 [ 編集 ]
 
安心して下さい。
すでに盗掘されていますw
URL | naranara #bQLI5caw
2013/05/15 20:34 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/502-7c54d97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)