何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
麦とホップ ~当選そして実験~ 
2013.05.27 Mon 20:23
 
我が家の晩酌がビールから第3のビールになって久しいが、そのきっかけになったのが、“麦とホップ” である。

ビールと間違うほどのうまさ!

という自信満々のコピーからもわかるが、なかなかビールに近い味をしている。


これが、数量限定ということで 「赤」 を出した。

一本買って飲んでみたらなかなか美味しかったので、ケースで買った。

麦とホップ


麦とホップ同様、協働契約栽培原料を100%使用。ビールの味わいに近づける為、長期熟成製法を採用。
カラメル麦芽による美しい赤色と、ドイツハラタウ産アロマホップを一部使用することで英国のエールを思わせる華やかな香りを実現しました。


ほう、なるほど、イギリスの バス・ペールエールのような甘みとコクが感じられる。

120円なら十分である。


・・・と、そんな折り、小包が届いた。

麦とホップ麦とホップ


当たり~!

嫁さんが応募した、オークワ (うちの場合プライスカット) のプレゼントキャンペーンに当選したのだ。(嫁さんいわく当たったのではなく当てたのだ、とのこと)

当てたのは、麦とホップ、6缶セット (ノーマルと黒)×2。

麦とホップ麦とホップ


左:「麦とホップ」は、その名のとおり、麦原料(麦芽、大麦)とホップのうまさです。しかも、すべて「協働契約栽培100%」。生産者と一緒に育てた、安心で良質な素材にこだわっています。この商品は麦芽、ホップに加え、大麦も協働契約栽培原料を使用しています。

右:麦とホップだけでつくった新ジャンル「麦とホップ」の黒タイプ。本格的な黒ビールが持つ、コクと苦味を新ジャンルで実現しました。


ところで、サッポロビールのホームページを見ると、こんなものが載っていた。↓

おいしいハーフ&ハーフのつくり方 あっちゃんが説明してくれます。

①麦とホップを注ぐ。しっかりと泡をつくるように勢いよく。
②泡が落ち着いてきたら麦とホップ(黒)をやさしく注ぐ。
③できあがり!泡の割合は3割くらいがベストです。

・・・で、やってみた。

麦とホップ


なるほど・・・、ノーマルと黒を合わせるのはビールでもあることだけれど、黒の苦みが緩和されて、これはこれでうまい。

ここで、生来のやりたがりの性格がむくむくとわいてきた。

・・・で、やってみた。

麦とホップ麦とホップ


左:ノーマルと赤のハーフ&ハーフ
ノーマルが日本人でも飲み慣れた味に仕上げてられているので、エールタイプの赤を混ぜることで、甘みとコクがプラスされる。いつもはノーマルを飲んでいるけれども、たまに味を変えてみたいという人におすすめ。

右:赤と黒のハーフ&ハーフ
個性のある味どうしを混ぜるのでやはり個性が強い。黒をストレートで飲むのはちょっとという人はこのくらいがいいと思う。


・・・で、思いついたのがこちら。

麦とホップ


3種類全部混ぜてみた~。

絵の具だとかなり気持ち悪い色になりそうだが、ビールだとどうなるか・・・。

だが、これが意外とイケルのである。混ぜることですべての味がぼやけるかと思ったが、ノーマルはともかく、黒、赤の個性が、順番に舌に感じられるので飲んでいておもしろい。

こんなバカバカしい実験をするのは私ぐらいかと思うが、けっこう楽しかったので、サッポロさんに提案したい。

さしこさんあたりでCMしてみたらどうですか?


ゲフッ

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

タグ : 第3のビール

category:家でごはん
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/508-6f23d54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)