何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
姫路に旅行 姫路城 
2008.04.03 Thu 18:43
これまでおちゃらけたことを書いてきたが、実際にはここ、姫路城が今回の旅のメインであることは間違いない。

この日は朝からの雨で太陽公園も傘を差しての見学となっていたが、雨はやむどころか、ますます強くなってきた。

それでも、姫路城には多くの観光客の皆さんが訪れてごった返していた。

観光バスで来られる団体さん、飛びかう外国語。さすが 世界遺産 姫路城だ。

桜にはまだ少し早かったが(3月30日)、ちらほら咲いている木もあり、花越しに見えるお城の美しさは何ともいえないものだった。

姫路城


子どもたちにはこれは本物だと念を押した。
太陽公園と同じように思われては何のために来たのかわからない。



正面から入って左へ、西の丸が最初の見学コース。

建物内にはいるときは靴を脱ぐのだが、雨のため、靴は靴袋へ、傘は傘袋へとなかなか大変だ。
やはり、旅行は晴れに限る



西の丸は徳川家から嫁いできた千姫が幸せな日々を過ごした場所。
大河ドラマとかあんまり見ないので、↑簡略化しすぎ(^。^;)  

姫路城

化粧櫓内で遊ぶ千姫と娘の勝姫のジオラマがあった。



その後、また靴を履いて、はの門、にの門、ほの門、への門と来たところで、
への門に反応した息子は笑い転げていた。



そして、いよいよ天守閣に登る。

姫路城


しかし、この日は雨にもかかわらず、超満員で天守閣に登るのも入場制限しているぐらいだったから、入ってからも前の人に続いてぞろぞろと歩いていくだけ。

一応、展示物や窓から見える景色も楽しむことは楽しんだが、7階まで登ってまた降りるという道のりはなかなかつらいものがあった。

やはり美しいものは外から見るのが一番である。



その後、播州皿屋敷で有名なお菊の井戸では
「言うことを聴かないとお菊さんが出てくるよ。」
と息子を脅し、出口へと進んだ。



なかなか疲れたが、さすが世界遺産。

姫路城


本物は違う。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:関西 - ジャンル:旅行

タグ : 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
おひさです。いつも読み逃げしてますぅ。
桜の季節に姫路城行かれたんですね。我が家も息子が好きなのでお城を目当てに旅行するんですよ。
姫路城は、秋に行きました。歴史的背景は、私にはちんぷんかんぷんだけど今まで行った中では大きかった。への門ではうちも次男が笑ってました。

本物は違いますよね。大阪城みたいに中にエレベーターがあると残念がってました@長男
URL | とら #-
2008/04/24 11:15 [ 編集 ]
 
久しぶりで~す。
への門は子どもはみんな反応するということですね。
そのことだけ印象に残ってお城のことが薄れていたら残念ですが…
URL | naranara #-
2008/04/25 07:04 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/51-3f3be85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。