何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
田舎料理 畔 ~まごはやさしい、おいしいランチ~ 
2013.06.19 Wed 19:11
 
この店の存在を知ったのは、2ヶ月前。オープンが4月とのことで、ほぼ、同時に知ったことになる。ミニコミ誌、ぶらりきたまちに店名だけ載っていた。

その後、きんさんから掲示板に情報をいただいて、ぜひ行かねばと思っていた。

田舎料理 畔田舎料理 畔


田舎料理 畔 (ほとり)

畔さんの facebook の地図では、今在家の交差点を東に入って、ずんずん行ったところにあるはずだった。

しかし、どこまで行っても、店がないどころか、山の中、人気のない狭い道になり、ついに行き止まった。

ネットの情報を信じすぎてはいけない。

実は、このあたりには少し土地勘があったので、もしあるとしたら、このあたりだろうと うろうろ走っていると、三笠霊園の近くで看板を見つけた。全然場所違うやん。

田舎料理 畔田舎料理 畔


店の前に車を停め、中をうかがうと、先客は2組。この時の時刻が11時40分、開店時刻が30分なので、余裕かと思ったら、

「相席でもよろしいですか?」 (ノ゚⊿゚)ノ

なんと、空いている席は全部予約で埋まっているとのこと。私たちは厨房の前の6人がけの席の2席に着くことができた。

民家を改装した店内は昔の農具が飾られ、ボンボン時計が時を打つ、懐かしいおばあちゃんの家に来たみたいな感じ。テーブル席が3つと座敷が3つ、全部で20席ちょっと。

田舎料理 畔田舎料理 畔


メニューは 「ランチ」 1種類で1000円、デザートとドリンク付きは+200円。メインが3種類から選べるので、私たちは煮込みハンバーグとまぐろの尾の身の塩胡椒焼きを一つずつ注文。ちなみにもう一種類はししゃもの南蛮漬けだが、まわりを見てもだれも注文していなかった。


まご やさしい ←突然だが。

ちなみに文法的には、「は」 は副助詞で、「限定」 という意味がある。したがって、この場合、「孫 やさしいが、息子や嫁 やさしくない」 となり、つらい話である。

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、この店のモットーみたいだ。

ま…まめ ご…ごま は…海藻(?) や…やさい さ…さかな し…しいたけ い…いも

「は」 は、わかめ とも書いてあって、なるほど・・・?
 
田舎料理 畔田舎料理 畔


まずはメイン以外のおかずが運ばれてくる。そこには、

 ・菜っぱとこんにゃくの白和え ・三度豆の胡麻和え ・こんにゃく田楽 ・たまねぎの梅酢
 ・粉ふきいもと塩昆布 ・じゃこと大根のサラダ ・漬け物 ・味噌汁

…とまさしく “まごはやさしい” メニューが盛りだくさん。

メインのまぐろ尾の身の塩焼き、煮込みハンバーグもおふくろの味。ご飯はセルフサービスでお代わり自由、大根葉や古漬けの漬け物付。

田舎料理 畔田舎料理 畔


デザート、ドリンク付きは+200円。デザートのくるみ餅は大豆をミキサーしたほんのり甘いタレがかかる。一口いただくと温かく、ほっとする味。


それにしても、予約だけでなく、次々とお客さんがやってくる。私たちが食べていると、 “待ち” が出ていた。

そんなに大々的に宣伝しているようにも思えないのだが、やはり、手作りの優しい味がいいし、この品数、量で、この値段だと、コストパフォーマンスも高い。

口コミで人気が出るのもわかるような気がする。

おばちゃん二人でやりくりしているが、「自分たちは素人なので」 と、言いながら接客していた。できれば、予約するか、時間に余裕を持って訪れたい、そんな気持ちにさせる店であった。


田舎料理  
奈良市川上町92
0742-27-0277
11:30~15:00
水木休 P有 HP

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 和食

category:食べ歩き 奈良市
comment(3) | trackback(0)
記事編集
コメント
 迷う?
そうですか、行かれましたか
地元の方が道を迷ったなどと書かれると、次を思う他所の方はかなり汗をかく予感がしますね(笑)

けなすわけではありませんが、本業が飲食業というわけではないので、気持ちに余裕が無いとオペレーションなどで感じ方が違うかもしれませんね

自分なんか「うちの父にそっくりです!」なんてオーナーさんではない方の女性から感動されて、坊主五厘刈りの頭をポリポリしたわけですが、そんな雰囲気とお洒落な改装をしたお店のギャップがまた堪らなかったりするわけです

外のテラスに日差しを遮る手立てをどうするか悩んでおられたので、もしいいアイデアがありましたらご助言差し上げてください
安直に立て簾は気に入らないご様子でしたし、あれは物が悪いとカビや汚れが出るのも欠点ですからね
おしゃれなカフェのようにテント地の物も合わないしと、その日は結構話をしたんです
URL | きん #eNo2xelU
2013/06/19 22:10 [ 編集 ]
 まごはやさしい
今のカフェメニューのトレンドだそうですよ。
体にやさしい食事ができるのは歓迎です~
URL | にっし~ #-
2013/06/19 22:43 [ 編集 ]
 
きんさん、こんばんは。
日よけですが、何にもなくてもいいのでは?
北側ですし、影にしようと思えば、大変そうです。

店内からの話でいえば、上下を切り取って、借景を見せるのが、いいと思いますが。

にっしーさん、
まごはやさしい、トレンドですかw
URL | naranara #bQLI5caw
2013/06/20 21:58 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/513-4bdfe09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。