何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
アノラーメン製作所~パインとかカニとか、どんなスープ?~ 
2014.06.11 Wed 18:22
 
あのラーメンと言われたら、「どのラーメン?」  と聞き返してしまうだろう。

そんな名前の店が富雄にオープンした。

アノラーメン製作所アノラーメン製作所


アノラーメン製作所

場所は富雄駅を東口から出て、北側の階段を西向きに上がったすぐのところ。

富雄は奈良の中ではラーメン激戦区といわれていた場所で、近くには ジャンク屋哲があり、駅の南には あまのじゃく、豚ばかラーメン道場、麺屋空間1/2、きぶんや、鳥見通りには  みつ葉、華山など、この店の出店で、さらに戦いが厳しくなったわけである。

この日、私が行ったのは18時半過ぎ、開店から30分ほどしたころであった。正面の入り口から、のれんをくぐって、「邪魔するよ~」  と入店したら、「待合室でお待ちください~」  とそのまま、左手のドアから別室に通された。 ヾ(´A`)ノ゚

なんか変な感じである・・・。ちなみにのれんはイメージです。

待合室には待合客以上に存在感のある、製麺機がどどーんと置かれていて、片身を狭くして、順番待ちするのであった。とはいえ、先客は3名+1名、日ごろの行いがいいのか、5分ほどで席に通された。

アノラーメン製作所アノラーメン製作所


席はカウンターのみ、12席くらい?、キッチンには男性が二人、ラーメンを作る人とその手伝いをする人のよう。BGMはインディーズっぽいもの。

メニューは基本のスープが2種類。麺の量が選べて、S(シングル)が150gで750円、D(ダブル)が300gで850円、T(トリプル)450gが950円とお腹をいっぱいにするだけには、どう考えても “T” が得なような設定である。

とりあえず、Pine soup ツケメン (パイナップル・アーモンド・魚ダシ) の Sサイズを注文

アノラーメン製作所アノラーメン製作所


キッチンでは店主がスープを温め、麺を茹で、具を載せていた。その動きは見るからに機械的で、ラーメン製作所という名前がぴったりに感じた。

10分ほどして、ラーメンがやってきた。

つけ麺専門店らしく、麺にはこだわりがあるのだろう、少しウェーブがかかった中太麺は小麦の粒が見える全粒粉。具は半熟煮玉子半分、隠し包丁を入れた材木メンマ、パストラミのようなふちに黒胡椒が付いたレアチャーシュー、豆苗。

つけ汁は、パイン&アーモンドといった変わった印象とは違い、意外といっては何だが、まとまった感じ。魚のダシがよく効いていて、パインの酸味と甘みが後から来る。

ポットで昆布ダシの割りスープをもらって、ごちそうさま。


「では、Kani soup も ください。」

そう、麺量を S にしたのは、カニも食べたかったから、少なめにしておいたのである。

アノラーメン製作所 カニスープアノラーメン製作所 カニスープ


二杯目なので、腹8分目だが、食べ切れそうな量である。

物事には順序というのがあって、パイン→カニ  は正解であった。

つけ汁はこってりと白濁していて、カニ味噌の風味が豚骨に負けじと自己主張していた。先にこっちだったら、2食は厳しかったかもしれない。


なんとか、完食して、新店のメニューは制覇することができた(2つだけど)。

今はオープンして間もないので、夜だけの営業、つけ汁2種類のつけ麺専門店であるが、製作所というネーミングからはいろいろな冒険も期待できそうでもある。

そのときは、また行きたいと思うので、よろしくお願いします。


アノラーメン製作所 
奈良市富雄北1-1-26 松本ビル1F
18:00~終電
日休 P無 Twitter




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/553-b2ec29a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)