何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
まりお ~チョモランマ挑戦!!~ 
2014.12.18 Thu 19:31
月に一度の休肝日。こんなときにこそ夜しかやってないラーメン屋を食べ歩こうと、これまで何軒かのラーメン屋に行った。

まりおも3回ほど行って、富士山、霧島、男の鶏白湯とトレーニングを重ねてきた。そして、ついに、

チョモランマに挑戦するときがきた。

チョモランマがどんなラーメンかというと、おそらく日本一といわれる “富士山” のどろどろスープに、さらにパルメザンチーズをビンごと入れて濃度を高めた 世にも怖ろしいラーメンである。

富士山が濃度20なら、チョモランマは25と言われている。

まりお チョモランマまりお チョモランマ


店員 「ものすごく濃いですけど大丈夫ですか?」

私 「大丈夫かどうかわかりませんが、食べたいのです。」

店員 「大丈夫ですか?ほんとうに濃いですよ。」

私 「・・・・・・・・」

何か注文してはいけないようなムードが漂っていたが、ここで、私が一言。

「前に富士山を食べたことがあります!!」 ←うそ、ちょっと残した。


この一言で、どうにか注文が通った。そして、待つこと10分、

チョモランマがやってきた。

お約束のレンゲを立ててみた。(富士山のときも書いたが、箸だと縁起が悪い)

DSCF6807.jpg


私は今回のチョモランマ登頂に向けて2つの作戦を考えていた。

作戦1 レンゲでスープを飲まないこと。

こんなにどろどろのスープなんだから、どうせ麺をすするときにも、チャーシューを食べるときにも自然と口に入ってくるだろう。わざわざ、レンゲを使う必要は無い。

作戦2 熱いうちに早めに食べること。

どろどろ豚骨、脂、チーズ・・・、冷めて固まってしまう前に食べ進めたい。冷めたら、きっと人間の食べ物ではなくなってしまうような気がする

DSCF6808.jpg


さあ、アタック開始である。

作戦1の通り、麺をすするとき、かなりの量のスープが麺にまとわり付いてくる。わざわざレンゲで飲まなくて正解。

ただ、このスープ、富士山よりも濃いとはいえ、チーズの風味で食べやすく感じた。

私はどんどん食べ進めた。作戦2に関してはまったく心配する必要が無かった。

表面が冷めたように見えても、その膜の中身はずっと熱々であり、固まって食べられなくなるようなことは無かった。器ごと熱々にして出しているのもそういうことだろう。


煮卵は まる一個入っており、チャーシューはこれでもかというぐらい大量だ。

まりお チョモランマDSCF3738s.jpg


私は、一歩一歩、歩みを進め、そして、ついに食べきった。

スープは残したので、「それは完食じゃない」 と言う人もいるかもしれないが、「じゃあ、お前が飲め」 と言い返したい。このスープは飲めるものじゃない。

そう、このとき私はイモトにもできなかったチョモランマへの登頂に成功したのである。

DSCF6810.jpg


おめでとう! 私。

チョモランマを食べたのだから、もう怖いものは無い。これからはまりおであっさりしたものを食べられる。

うれしさのあまり涙が出てきた、この気持ちを誰に伝えよう、そうだ、母さん、僕を産んでくれてありがとう・・・

・・・そういうの、気持ち悪いからやめてください。

次からは創作ラーメンなどメニューを見て、食べたいものを注文することにする。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグ : まりお ラーメン

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 おめでとうございます!
見事に無事ご帰還された事を、私は奇跡的な軌跡と呼ばせて貰います(^_^;)

根性とか、そんな生半可な気持ちでは『チョモランマ』は注文出来ないでしょうし、月一度のせっかくの休肝日に、そこまでnaranaraさんの心を奮い立たせる『まりお流』は、ある意味『本物』なのでしょうね。
結構なお値段もするのに、奥様の美味しい料理があるのに、この時だけは何が何でも超えなればならないnaranaraさんの鋼をも貫き通す勢いの『ブレない芯』があったのですね。

気になるのは、翌日の身体の調子はどうだったのか、『チョモランマ』の頂きに立ち、全くの後悔は無いか、ちょっと気になります……(^w^)
因みに私は、チ-ズの臭いだけで一貫の終わりです。お店の周辺には絶対に住めません。10億円あげると言われても断じてブレません。
と言うか、チ-ズって何故存在するんだろうと思いつつ、チ-ズケ-キや(りくろ-おじさん等)粉チ-ズ少々なら大丈夫という変な体質をしております(^_^;)
兎にも角にも、本当にお疲れ様でした!今度は本当に食べたいのを注文して下さいね(笑)
URL | はじめちゃん #Hyf0ngDc
2014/12/21 06:01 [ 編集 ]
 
いやあ、ホントに、チョモランマは義務的な使命感で食べた感じですね。

こんなブログやサイトを運営しているからには食べておかないと、という気分ですね。

実際には「男の鶏ぱいたん」でも濃く感じたので、濃度5ぐらいが自分には合うのかもしれません。

ただ、チョモランマに関してはそんなに体が不調になることなく、お腹は重くなりましたが、次の日も普通でしたね。

濃いとはいえ、脂ばかりで濃いのではないということでしょうか。

まあ、次からはもう少し、軽めのものを食べていきたいと思っています。
URL | naranara #-
2014/12/21 21:17 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/570-69142397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)