何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
東昇 ~「孤独のグルメ」の見すぎで~ 
2015.01.05 Mon 08:12
 
あけましておめでとうございます。みなさん、お正月はどのように過ごされましたか?

私はといえば、食べて、飲んで、不健康な日々を楽しく過ごしておりました。


で、テレビもいろいろ見たのだが、特にBSでやっていた 「孤独のグルメ」 にはまって、

一挙放送を全14時間ぐらい見てしまった。 ひまか。

db5eb812215b465339606b365b8dca52_10836.jpeg


この番組を説明するのに、ウィキペディアを借りると、

個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画(のテレビ版)。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。


見ていると、メニューを選ぶとき、どれにするか悩む様子や、食べているときのつぶやきが、まったく自分に重なり合って、他人事とは思えない。

また、松重豊さん (井之頭五郎役) の食べるシーンがものすごくおいしそうで、焼肉を食べていたら、「焼肉」 を、焼鳥を食べていたら、「焼鳥」を、中華を食べていたら、「中華料理」を食べたくなるほどである。

孤独のグルメ孤独のグルメ


そんなことを考えていると、腹が減ってきた。

で、私も井之頭五郎になった気分で、ご飯を食べに行ってきた。違うところは、私はのんちゃんベーちゃんというところと一人ではなく家族と一緒といったところだが。

選んだ店は、押熊にある、「東昇」 という台湾・中華料理の店。

最近、あちこちに増えている、怪しげな中華料理店の一つだが、一品メニューが、他の店よりもディープである。




ここからは、井之頭五郎になって食べたものを紹介していきたい。

さて、腹もペコちゃんだし、レッツラゴ~! 中華料理店でも食べようか。セットメニューもいろいろあるようだが、この一品料理の多さは何だ。おほう、なかなかいいじゃないか。ここは食べたいものを自由に注文することにしよう。

DSCF4340.jpg東昇


まずはビールに合う前菜からいってみるか。ひと通りの中華料理はほとんどあるって感じだが、スタートが何かは重要だ。メニュー迷子になっている俺がいる。

四川風砂肝・・・? 胃袋も子袋もあるのか。胃袋も捨てがたいが、やはり ここは子袋にしてみよう。

DSCF7115.jpg東昇


うひょひょ、昼間っから飲むビールはうまいんだよなあ。うますぎる、うますぎ良太郎。しかも、330円と安い。ビールの突き出しは台湾風きゅうりの漬物。なるほどこう来たか。キムチのようなちょっとピリ辛の味。ビールによく合う。

前菜は四川風子袋。ちょっと辛めの味噌だれに、たっぷりのネギと細かめに刻んだ子袋。コリコリとした歯ごたえがたまらない。ザ・ホルモンって感じなんだよなあ。


さて、喉も潤ったし、次は何を食べるか。看板には台湾料理とあったが、メニューには四川風あり、北京ダックもある。台湾ラーメンの説明には名古屋発祥とある。とはいえ、台湾風という言葉が一番多い。ここは台湾にこだわってみよう。

東昇東昇


台湾風焼きビーフン。味付けはあっさりと、具はキャベツ、もやし、ニラ、きくらげ、しいたけ。少し焦げたビーフンはたっぷり。皿の端が欠けているのも台湾の屋台で食べているような錯覚に陥って逆にいい。

青菜の炒め物。多めの油で炒めたほうれん草、オイスターソースとにんにくの風味。味の素が現地の味をよく再現している。空芯菜もいいが、ほうれん草もまたいい。台湾で食べた味そのまま、まるでここが夜市のリトル台湾になったような気になる。


もう一皿ぐらい胃袋に空きがありそうだ。〆にふさわしいのは何か。壁に貼られた台湾風油淋鶏が気になる。

東昇


表面はカリカリ、中の肉はジューシー。小を頼んだのにけっこうな量。キャベツがたっぷりなのもうれしい。最後にこれを頼んで正解。うまいケル、マイケルジャクソン。もぐもぐ。我ながらなかなかいいフィニッシュだ。

うーん、うまかった。満腹、満腹。ごちそうさまでした。

ごろ~♪ ごろ~♪ い・の・が・し・ら~♪ ふ~♪




見ていた人以外はわかりづらいと思います。すみません。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 中華料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(2) | trackback(0)
記事編集
コメント
 明けまして
おめでとうございますm(_ _)m今年もどうぞ宜しくお願いします(^O^)

『孤独のグルメ』ですか♪色々なブロガーさんのblogを読んでいると必然的に覚えてしまいました(^_^;)必ずと言って良い程、何かしら(苗字に掛けた訳ではありません。偶然です)出てきます(笑)
私も興味を持ってしまい、全話ではありませんが途中から観た事があり、何とも言えない独特なタッチ、松重豊さんの絶妙なオヤジギャグとも捉えられる表現、素敵です(^w^)

うる覚えですが、『今の私の腹の中は溶接所のようにフツフツ湧いている』とか『もし私にしっぽが付いていたらブンブン振り回しているだろう』とか『なんだ、このピ-マン、苦い!でも美味い!苦美味い!』…そして9割以上の方々が見ていたらお腹が空いてくると言う、罪作りな番組ですね(-_-(;)

せっかく中華料理の説明をして下さっているのに、『孤独のグルメ』が強烈過ぎました(--;)
押熊って何となく住宅街のイメージがあります。そう言えば、だいぶん昔にサ-ティーワン押熊町のハンコが押してある商品券を知人から貰いました。探してみます(--;)
ご静聴ありがとうございましたm(_ _)m
URL | はじめちゃん #BVapUBWw
2015/01/06 07:34 [ 編集 ]
 
はじめちゃんさん、いつもいつも温かいコメントありがとうございます。おかげで明日もがんばろうという気持ちになります。

「孤独のグルメ」見ている人にしかわかりづらい記事だと思いましたが、早速見たことがある人がいてほっとしました。

井之頭五郎のテーマが頭から離れません。

ではでは。
URL | naranara #-
2015/01/06 21:00 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/572-49bf732c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。