何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
横浜旅行② ~新横浜ラーメン博物館~ 
2017.07.18 Tue 21:01
 
②にして早くも完結編である。

もちろん、吉村家で元祖家系ラーメンをいただいた後、本場さながらの台湾料理の店に行ったり、中華街で朝粥を食べたり、横浜スタジアムの中で食べるためのハンバーガーをテイクアウトしたりしたのだが、本サイト (奈良グルメ図鑑) の方に奈良以外グルメ図鑑というジャンルを新たに作ったのでそちらをご覧いただきたい。

今回は土日と交流戦を2試合 (1勝1敗) 観た後、新幹線で奈良へ帰る前に新横浜ラーメン博物館で食べたものを紹介したい。

新横浜ラーメン博物館新横浜ラーメン博物館


新横浜ラーメン博物館は今さら説明の必要はないと思うが、全国のラーメンを一堂に集め、京都の拉麺小路、博多のラーメンスタジアムなどのフードパークの先駈けともなった施設である。

入場料は大人310円、現在北は北海道から南は沖縄まで、さらに海外も含め、9店舗のラーメンが集まる。


その中から私たちがまず入ったのがこちら。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


利尻らーめん味楽

日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。

テレビでは何度か見たことがあるが、日本一ハードルが高いといわれるラーメン店。北海道、利尻島に行くには飛行機とフェリーを乗り継いで行かなければならない。

いくらラーメン好きといっても、さすがに行けないだろうな、とあきらめていたがラッキーなことに横浜でいただくことができた。

利尻らーめん味楽利尻らーめん味楽


左:焼き醤油ラーメン (ミニ)
高級食材として知られる利尻昆布を大量に使った濃厚スープ。注文ごとに中華鍋で醤油ダレを焦がし、香ばしさとコクを出す。

右:焼き塩ラーメン (ミニ)
焦がし醤油と比べるとあっさり感はあるが、昆布の風味はこちらの方がより強く感じられる。麺は西山製麺の中太縮れ面。


次に入ったのがこちら。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


無垢-muku-ツヴァイテ

食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸。

利尻よりもさらに遠いドイツのフランクフルトからの出店。

無垢-muku-ツヴァイテ無垢-muku-ツヴァイテ


左:無垢ラーメン (ミニ)
定番の豚骨醤油スープは少し泡立ててクリーミーな味わい。ピザ用の小麦とパスタ用のデュラム粉を配合した平打ちの極太麺。具は炙りチャーシュー、海苔、ネギ。

右:無垢ツヴァイテラーメン
ドイツ料理のザワークラウト (キャベツの漬物) をワインで煮込み、鶏脂で火を入れ、スープと合わせる。これにベーコンが入ったドイツらしい一杯。


無垢ツヴァイテラーメンが普通サイズしかなかったこともあって、お腹が一杯になったが、この後、昭和の街並みを楽しんで、奈良に帰ったのであった。


新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21
045-471-0503
無休
11:00 (土日 10:30) ~21:00 (23:00)
http://www.raumen.co.jp/


P.S. お土産で買って帰ったもの。

YUJI RAMENYUJI RAMEN


YUJI RAMEN

店主は長年アメリカで魚の卸に携わった「魚のプロフェッ ショナル」鮮魚の旨味を引き出すラーメンは、マグロのアラを強火で白濁させた「ツナコツ」が看板メニューです。

ツナコツラーメン
マグロのアラを強火で炊き上げ、白濁させた鮪骨スープ。麺はスープによく絡む極細ストレート。



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : ラーメン 旅行

category:旅行 おでかけ
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/629-9feac4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)