何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
奈良マラソン ~有言実行、ついに走った~ 
2017.12.14 Thu 18:43
 
やすらぎの道の近くに住んでいることもあって、奈良マラソンは毎年沿道から応援していた。

奈良マラソンEXPOという屋台も楽しみで、これまで何度か記事にしている。 

 → 2011 2012  2014 2015

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そんな気持ちを一昨年のブログに書いていた。

30kmぐらい走れるようになったら、来年は走ってみたいと思うのだが、解説の佐藤教授によると、リタイアする人は30kmぐらいでエネルギーが切れることが多く、15kmぐらいで何か食わないと走れなくなるらしい。

マラソンもなかなか奥が深い・・・。

参加料を 8200円 も払って、回収バスに乗せられて帰ってくるのも何なので、走れる自信が持てるようになれば、そのときはエントリーしたいと思う。


実はブログには記していないが、去年の奈良マラソンの後、一念発起して、元旦、家族に 「今年は奈良マラソンに出る」 と宣言したのである。

その後、休みの日ごとに練習、奈良市内から天理へ片道 (電車で帰ってくる) 天理往復と順調に距離を伸ばし、11月には32キロまで走れるようになった。残り10キロなら気力で走れるだろう。


そして、迎えた10日、奈良マラソンの当日。

奈良マラソン


私のスタートは K ブロック。

K はABCDEFGHIJ の次、これは、自己タイムが速い人ほど 前からスタートできるというシステムで、K ブロックは ほぼ最後尾である。

9時、荒井知事の号砲でレーススタート、トップランナーから順にスタートする。

ならでんアリーナに 「負けないで」 が流れる。

K はまだスタートもしていないのに、もう24時間テレビのフィナーレみたいになってきた。

そして、13分後にやっとスタート。

遅いランナーほど、後からスタートするという逆ハンデ。


松井絵里奈や安田団長が見守る中、やすらぎの道を南下し、大宮通へ、朱雀門を超えたところで折り返し。

ここで誰やねんという演歌歌手が歌っていた。


奈良マラソン


この辺り、まだまだ順調。逆に、普段の練習のときよりも、信号が全部 青で、歩道に段差がないので走りやすいぐらいであった。

そこから大宮通を東へ進む。

この辺り、いろんな学校の吹奏楽部やマーチングバンドの演奏、ゆるキャラや太鼓の演奏など沿道がにぎやかで、飽きることなく走ることができた。

その後、国道169号線を南下していくのだが、この辺りはイベントも少なく、静かだった。

横井町辺りで待っていたのが、

奈良マラソン


ワッケンロー!!

奈良の矢沢永吉こと、中川太志さんが派手に出迎えてくれた。


さらに、国道 ひゃっくロックGO 線 を進み、窪之庄町南を左折、高樋町を右に曲がると奈良マラソン名物の山越えになる。

そこで、待っていたのが、

奈良マラソン


どうしたんだ HE HEY BABY~

バッテリーはビンビンだぜ♪



奈良の忌野清四郎こと、今の葉狂志郎さん。

いつものようにキメて、ぶっ飛ばそうぜ~♪ 

この歌詞やばくない?


狂四郎さんの応援のおかげか、山越えを順調に走りきり、折り返し、天理名物のぜんざいは甘いものが苦手なのでパス、往路に入る。

しかし、このころから疲れが出てきた。そして、登りに入ったところで歩いてしまった。心臓のバクバク感がピークになったのだ。

ただ、ここは、まだ残り時間もたっぷりあるので、「登りは歩く作戦」 に頭を切り替え、何とか完走を目指すことにした。

沿道の応援には元気付けられたが、歩いているときの、

「歩くな!走れ!!」

という声にはまいった。


名阪国道を越える白川大橋近くに豚汁ご飯のふるまいがあり、その後、バナナとチョコレートを一度に口に入れたチョコバナナなども食べた。

さらに、峠の頂上では三輪そうめんのふるまいがあって、ここもしっかりといただいた。

奈良マラソン


こうして佐藤教授が言うエネルギー切れは何とか免れたのである。

一番大きな山は越えたけれども、ここからは小さな山越えが連続する。やっぱり、登りは歩き、下りは走るというペースを守って何とかゴールを目指す。

この辺りからは沿道の施設エイドが やたらと 増えてくる。子どもたちが手を出してハイタッチを求めてくるが、これが、

元気が出るというより、そんな余裕がない。

道の端を走っていると子どもたちが手を出してくるのだが、ハイタッチに応えないと、「こいつ、ハイタッチしてくれへんのか」 というような目で見てくるので、なるべく道の真ん中を走る。


焼門跡を左折すると残り2キロ、佐保橋を右折すると、来来亭前で嫁さんと息子が待っていてくれた。

そして、ゆっくり走ってついにゴール。

奈良マラソン


記録 5時間13分  順位 7165位

完走が目標だったので、記録としては十分。


沿道からの温かい声援にはほんとうに元気付けられた。

テーブルを用意してのエイドだけでなく、籠に入れたチョコレートを配ってくれる人たちなどもたくさんいて、これが奈良マラソンの魅力なのだと改めて気づかされた。

ボランティアの方々にも感謝したい。


最後に奈良マラソンEXPOでいただいたものを紹介して終わりたい。

奈良マラソン奈良マラソン


左:焼小籠包
横浜中華街から来たのかどうか、同じブースで広島焼きが売っているのでよくわからないが、とにかく焼きたての小籠包。

右:ホットドッグ
缶ビールを買おうとしたら300円、ホットドッグが閉店間際の値下げでビールとセットで400円。ということで、セットでいただいた。

フルマラソンを走ったすぐなのであまり食欲がなかった。ラーメンなどにも気になるものがあったので、来年またいただきに来たいと思う。





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/635-63c227ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)