何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
白川鱆焼 
2008.05.11 Sun 16:43
私が中学生のとき、通学路に一軒のたこ焼き屋ができた。

それは私の同級生の兄が始めた店だった。
その同級生も卒業後、店に入り、兄弟でこのたこ焼き屋を営業することになるのだが、たこ焼きを買ってくれたお客さんを見送って、いつまでも頭を下げている彼の姿が大人びてまぶしく見えたのを覚えている。

ところでこの店にエキサイトの社長もよく通っていたらしく、自身のブログでもこの店のことを懐かしく書かれている。  エキサイト社長、山村幸広のインターネットブログ

その後、一条通の店は新大宮に移転し、ジャスコや高の原など次々と支店を出し、ついにはFC展開として東京にも店を出した。

なかなかの成長ぶりだが、現在奈良で白川のたこ焼きが食べられるのは手貝門近くの店と高の原店のみになってしまった。



この日は胡錦濤主席が奈良に来るということで奈良中がお巡りさんだらけであった。
渋滞もするだろうし、あまり街なかに行ってもややこしそうだったので、たこ焼きを買って昼飯にすることにした。

白川鱆焼


この店がフランチャイズか直営かはわからないが、女性二人で店をやっておられる。
たこ焼きのメニューは4種類。前来たときよりも1種類減って値上がりしていた。

ちなみにお客さんの姿が消えるまで「ありがとうございました」と言い続けるのはもうやっていなかった。

白川鱆焼


まずは基本のたこ焼き、8個460円。
外側はカリッとまではいかないが、香ばしく焼かれている。
そして、生蛸を使っているので蛸が柔らかい。

ソースは普通と辛口から選ぶことができるが、半々にしてもらった。
ちなみに左半分が辛口だが、写真ではわからない。

白川鱆焼


次が洋風焼き、6個397円。
ベーコン・チーズ・コーン・玉ねぎ入り。
要するにピザ風。ソースは付けずにマヨネーズでいただく。

白川鱆焼


これがスタミナ焼き、6個397円。
豚肉、キャベツ、ニラ入りのキムチ味。

白川鱆焼


あともう一種類、和風というのがあるが、今回は買わず。

たこ焼きに(昼間から)ビール、テレビでは野球(この日は私が応援するHAWKSは杉内が完封して見事勝利。)と幸せな休日を過ごしたのであった。



白川鱆焼
奈良市今在家58
0742-27-6024
11:00~20:30
木休 P無
(高の原サンタウン店もあり)





↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : たこ焼き

category:食べ歩き 奈良市
comment(4) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
初めまして、こんばんは。
私も高の原にある白川たこ焼のカリタコが大好きだったのですが、最近高の原店ありますか?3週間ほど前に高の原サンタウンに行ったときは、店舗がなかったと思うのですが。。。(サンタウンが改装したときになくなりませんでしたっけ?)
しっかり確認していないのですが、サンタウンに行く理由が1つ減ったなーと思っていたので、店舗の存在は気にかけていたのですが。また、はっきり確認したら、書き込みさせていただきますね。
URL | tomo #-
2008/05/21 21:04 [ 編集 ]
 
高の原の店、なくなっているのかもしれないですね。
あるはずだと思って書いたので、もしご存じの方がいらっしゃれば教えて下さい。

記事の中でメニューが一つ減って、と書きましたが、それがカリタコでした。何となく昔の面影がなくなってきているのは残念ですね。
URL | naranara #-
2008/05/22 06:53 [ 編集 ]
 白川のたこやき
23年前に奈良で下宿をしており、白川のたこ焼きはよく食べました。私達の姿が見えなくなるまで見送ってくださるのが恥ずかしいやら申し訳ないやらで、ずいぶん手前のかどで曲がっていました。大学卒業後2年ほどしてから無性に白川のたこ焼きが食べたくなり、白川のたこ焼きだけの為に奈良に出かけ、店にたどり着くと新大宮に移転しましたの張り紙が・・・電車に乗って移転先にたどり着き、中に入ると若いお姉さんがマクドのような制服姿で「お持ち帰りですか?」・・・違和感を感じつつ「はい」と答えると、これまたマクドのように下敷きのようなメニュー表を見せられました。そこにはいろんな種類のたこ焼きがあり、「普通の・・・」と答えるのがやっとでとてつもないショックを受けました。当然、誰に見送られることもなく帰りました。それから5年ほどたち、テレビを見ていると青年実業家達の紹介番組をしており、そこで白川のたこ焼きの兄ちゃんが色々語っていました。そうか…あの展開で受け入れられたのか…時代は古き良き…ではなかったのか…活躍をうれしく思う一方で、寂しさもこみ上げたのを覚えています。今年はあの辺りは平城遷都1300年祭で賑わっているはず。繁盛しているんだろうなと思いつつインターネットで検索してみると、どうも手貝に1店舗のみ…しかもお見送りなし…う~ん、複雑な気持ち…
URL | ゆり #-
2010/08/24 23:13 [ 編集 ]
 
ゆりさん、はじめまして。
女性にお年の話をするのは失礼かと思いますが、察するに私が中学生のとき、ゆりさんが大学生といったところでしょうか。一条通界隈で会っていたかもしれませんね。
私は今も同じ校区内で居を構え、奈良の移り変わりを見ながら日々暮らしています。
大学を卒業して奈良を離れられたゆりさんにとっては「白川」のたこ焼きが古き良き時代の輝きを持ち続けているのかもしれません。
奈良も変わらない街と言われながらやっぱり変わりました。でも変わらないものもあります。もしできることならまた奈良にお越し下さい。路地の中、ふとしたところに変わらない奈良を見つけられるかもしれません。そのときお手伝いできればうれしいです。
URL | naranara #-
2010/08/24 23:37 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/72-935e2b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)