何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
あしゅーら 
2008.05.24 Sat 16:19
町屋カフェとしても、インド系エスニックカフェとしても、自然食の店としても…、いろんな意味で草分け的存在の店「あしゅーら」。

あしゅーら


それでも、もとは高畑にあった店を今の店主が引き継いで今の場所にオープンさせたという経緯がある。

今では隣にも中国茶カフェや雑貨店などの店ができて賑やかになったが、オープン当初は奈良駅からも遠い(京終の方が近い)こともあって大丈夫?思うような立地である。



前回訪問したのが3年前ということで、ひと月ほど前に久しぶりに行ってみたのだが、このときは「ご飯がなくなって、これから炊くので30分ほどかかります」と言われ、Uターンした。

知り合いから聞いた話だが、人が足りないときに急遽、食事代をバイト代に客に手伝いを頼んだという話もある。

万事こんな感じで入り口のところには「時間がかかる店です。それでも良ければ入って下さい」といった意味のメモが貼られてある。

この日は幸運にもご飯もなくなってなかったし、席も空いていた。



店内はインドやアジアのタペストリーや楽器などが飾られていて、作家の名前が書かれた雑貨や、骨董品などが売られている。

あしゅーら


初めて来た人はビックリするかもしれないが、ここのテーブルはほとんど地べた。

床にあぐらをかいて座り、くつろいで食事してほしいという店主の考えなのだろう。
少々食べにくいが、この店の空間にピッタリ合って落ち着けるのである。

店主は「昼寝でもしていって下さい」というのだが、本当に昼寝でもしていきたい雰囲気なのである。

あしゅーら


食事のメニューはすべて無農薬で有機栽培の野菜と玄米を使ったもの。
人気の品は「danchu」にも掲載されたオムライスとカルカッタ風の玄米カレー

他に単品メニューがいくつかあるが、開店すぐに行ったにもかかわらず、サモサと全粒粉のパンは売り切れていた。

オムライスはノーマルでは少し辛みがあるが、チリを抜いたケチャップ味もある。
この日は子どもが食べたいというので辛みを抜いたケチャップ味にする。

ただ、クミンなどのスパイスの味が子どもにはきつかったようでたくさんは食べなかった。

あしゅーら


もう一つ頼んだのがスープスパゲティ。
あしゅーら風ペペロンチーノとある。

なぜかメニューに「0分ぐらいかかります」と書かれているが実際は20分らしい(HPには10分とあるが…)。

あしゅーら


実はこのスープスパゲティもスパイスが効いていて、基本はニンニクを使ったペペロンチーノなのだが、クミンやコリアンダーなどのスパイスに牛乳のスープ、さらに昆布だしとかなり個性的な味に仕上がっている。

あしゅーら風と名付けるだけある。

あしゅーら


これにインドのせんべい「パパド」をを食べたが、4人(子ども2人)ではさすがに足りないので、玄米カレーと卵焼きのから揚げを追加した。

写真のカレーは普通バージョンだが、グルテン(小麦粉を使った肉に近い料理)のから揚げをトッピングしたり、サラダのセットにしたりできる。

あしゅーら


帰り際、なんとなくインドの話になり、昨年インドに行った話をしたら、店主がかなり興味を持たれたらしくいろいろと聞いてこられたが(子どもを連れて行ったのですか?とか、物売りが大変だったでしょうとか…)、新しくお客さんが来られたので、話半分で店を出た。

また、ゆっくりとできる時間にぜひインドの話をしたいなあ、とそんな気分で帰ったのであった。



あしゅーら
奈良市川之上突抜北方町18-3
0742-24-0890
12:00~20:00 水木休
P有 HP


↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : カレー オムライス インド料理

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
コメント
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #
2014/11/21 16:43 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/75-1f4d4572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)