何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
千房 
2008.05.25 Sun 21:17
イトーヨーカドーに用事があったので(といっても私たちはここをイトヨーと呼んで、用事があろうとなかろうとしょっちゅう行っているのだが…)中で昼ご飯を食べようということになった。

旧そごうの時と違ってカジュアルな店、チェーン店が多くなって、レストラン街としての魅力は少なくなってしまったが、それでもいくつか好みにしている店がある。

その一つがここ、「千房」。

千房


実は本編の記事で千房とぬかるみの世界の関係って何でしたっけ?みたいなことを書いたら、丁寧に答えてくれた方がいてありがたかった。
その答えをここに記しておきたい。


(ぬかるみの世界)懐かしいです。鶴瓶・鶴光・などが曜日別にFM大阪で放送していた深夜放送です。
私の記憶では、その当時千房はチェーン店ではなくFM大阪の近くにあったお好み焼き屋です。
鶴瓶も若く(アフロ時代)深夜放送が終了すると腹が減り、深夜まで開いていた千房へ食べに行っていたみたいです。鶴瓶は当時ギャラも安く、お金をあまり持っていなかったので、店主から番組中に千房を宣伝したら、無料でお好み焼きをスタジオへ持って行くと約束していた様です。
リスナーも千房へ行って、店主の耳元で(ぬかるみの世界)と行ったら半額になった記憶があります。それから千房はどんどん大きくなりチェーン展開するようになりました。

もし記憶が間違っていたらごめんなさい。
なんせ、30年位前の記憶ですので・・・



私も中学生ぐらいのときによくラジオを聞いていた。
それでもヤンタンやヤンリクを12時頃まで聞いて残りは120分テープに録音して次の日に聞くのが精一杯だった。
ましてやぬかるみの世界やオールナイトニッポンなどのさらに深夜の番組は友達から話を聞いたり、土曜日に無理して起きて聞いたりしただけで、よくわかってなく、ぬかるみの世界と千房の関係もうろ覚えだったのである。



その千房も今では60店以上の店舗を持ち、ホノルルまで支店を出すまでに大きくなった。

千房


メニューを見ると意外とオーソドックスな構成で奇をてらったものはない。

昼間とはいえ、お好み焼きにはビールが必要と決めているので、生ビール中(500円)と鉄板焼き盛り合わせ(850円)を注文。

千房

味のことをあまり言いたくないが、バターで焼いているので甘さが強く、ビールに合わない感じがした。それにちょっと高いかな。


千房

子供らにしてみればご飯もほしいだろうと思って注文した豚キムチ丼ハーフ(480円)。
これはなかなかおいしかった。
ただしかなり味はかなり濃い。



うちは奈良グルメ図鑑というサイトを運営していることもあって、基本的に前に食べたことがあるものを避けて注文する。
前に来たときは普通に豚玉、それから、焼きそば、モダン焼きを食べたので、それをはずすと注文するものが限られてくる。

…ということで今回はネギ焼きをオーダー。

千房

同じようにチェーン展開する「風月」と違って千房は焼かれて出てくる。

やはりここは関西人らしくコテで食べる。←この方が断然おいしく感じる。

カリッと焼かれてなかなかうまい。(´ー`)
トッピングは半熟卵とネギ(どちらも+100円)ができるがネギ焼きにネギはあり得ないので半熟卵にしてみた。



結局、昼間っからビールを2杯飲んで、よいよいになってしまった。

千房



千房
奈良市二条大路南1丁目3-1
0742-36-7477
11:00~23:00
無休 P有 HP

↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : お好み焼き

category:食べ歩き 奈良市
comment(0) | trackback(0)
記事編集
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/76-829cf175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)