何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
菜一輪 
2008.06.27 Fri 20:35
家から近く歩いてでも行ける距離だというのに、要予約と何となく子どもを連れて行きにくい雰囲気からなかなか行けずにいた。

菜一輪


自宅を改装した店内で、まず目に飛び込んでくるのはどーんと2mはあるケヤキの一枚板のテーブル。

そして、樹齢300年という松の木と井戸の調和がとれた中庭。
奥様のデザインだという。

菜一輪


この店、店名からもわかるように野菜のみを使った料理がいただける。
卵や乳製品も使わないといったこだわりよう。

その野菜も生駒の「岡田農園」から取り寄せた旬のものだけを使う。

日によって野菜が変わるのだから当然料理も変わる。
この日はズッキーニがたくさん採れたということでズッキーニを使った料理が多くなった。

「同じ野菜が多くなってしまって…でも、味付けは一つ一つ変えていますので…」
奥さんは少し恐縮されていたように見受けられたが、いやいや、うちもじいさんの畑でズッキーニができるときは一度にできるのを知っているから、いろいろな料理法を知るチャンスとかえってうれしかった。

菜一輪


真ん中が玄米ご飯。周りを取り囲むように7種類のおかずが並んでいる。
この日のメインは車麩の炒め物(3時方向)。カレー粉を付けて濃いめに味付けてある。

驚いたのは縮緬キャベツのドレッシング和え(7時方向)。酸味がありヨーグルトのような味。
不思議に思って聞いてみると、酒粕を使いバルサミコ酢も加えているからそんな風な味になるのだと。

なかなかすごいぞ。

菜一輪

プレートをいただいている途中で出てくるスープはこの日は豆のポタージュ。
豆の味がしっかりとしているが、最後にふわっと柑橘系のさわやかな味がする。

これについては聞くことができなかったが、豆本来の味の中にこういう香りが含まれているのかもしれない。


菜一輪

「ムソーノサンネンバンチャ」です、と出されたときは何のことかわからなかったが、
後で調べるとムソーの3年番茶ってマクロビオティックの世界ではけっこう有名なのね。


菜一輪

デザートは宮崎産金柑を練り込んだ豆乳寒天。
+350円でオーガニックコーヒーをいただくこともできる。

今回は1900円のお昼のメニューをいただいたが、夜は品数も増える2950円のメニューになる。
ボリュームはやや少なめだが、私としては野菜料理を存分に楽しむことができ、満足であった。



玄米菜食処 菜一輪
奈良市北袋町18
0742-23-1715
完全予約制
不定休 有料P有
HP



↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 和食

category:食べ歩き 奈良市
comment(1) | trackback(0)
記事編集
コメント
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| #
2014/03/29 14:52 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naranara813.blog118.fc2.com/tb.php/87-6169de42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)