FC2ブログ
何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
奈良マラソン ~今年もやってまいりました~ 
2018.12.09 Sun 18:40
 
今年も奈良マラソンがやってきた。

去年は初めてエントリーし、見事、というか、何とか完走した奈良マラソン。

今年も数ヶ月前から、会う人会う人から、「今年も走るの?」 と聞かれたが、いやいや、

「走りません」 ←きっぱり

去年のブログにも、なぜ走ろうと思ったのか、という理由を書いていた。

いつも応援していると、「応援されている人たちはどんな気分なのだろう」 という、素朴な疑問が沸き起こってきた。

そう、実際走ってみて、応援されている人の気分がわかったので、もう十分である。


もう一度、応援する側に回ってみようと沿道に繰り出した。

12時30分、3時間半で帰ってくるランナーはまだまだ元気だ。

奈良マラソン


13時からはステージで上位入賞者の表彰も行われていた。

昨年、私が折り返して国道188号線、八島町あたりで 「上りは歩き、下りは走り作戦」 を実行しているころ、ゴールの鴻池ではすでにこんなことになっていたのかと驚いた。

この後、奈良マラソンEXPOで、ひとしきり食べ歩きを楽しんだが、この記事は後ほど別にアップしようと思う。


さて、帰りは14時30分。

私が昨年帰ってきたのと同じぐらいの時間だ。

このぐらいになるとランナーのペースはゆっくりになり、歩く人や片足を引きずっている人もいた。

奈良マラソン


去年の自分を思い出して、ついつい応援にも熱が入る。

奈良マラソンのコースはアップダウンが激しく、天理の山越えもそうだが、この最後の上り坂がランナーの気力を奪っていく。

それでも、後1km、この坂を越えればゴールだ。

苦しそうなランナーに去年の自分を重ねながら、坂を下っていくと、見つけた。

奈良マラソン


残りのメンバーを待つゴレンジャー。

パケット奈良の前辺りでミドレンジャーとアオレンジャーを待つ、アカレンジャー、モモレンジャー、キレンジャー。

もうこれは奈良の冬の風物詩といっていいだろう。

毎年、見られる光景である。

また、少し下っていくと、マスクをはずして苦しそうに走るミドレンジャーがいた。


がんばれ、ミドレンジャー!


3人がすぐそこで待っているぞ。

次にやってきたのが、背中に風船をつけたペースランナー。

この人たちを抜かなければ、6時間以内でゴールできない、

・・・が、アオレンジャーはまだ姿を見せない。


今年もいろいろなドラマを見せてくれた奈良マラソン。

来年はどんなドラマを見せてくれるのだろうか、奈良マラソン。

そして、ゴレンジャー (アオレンジャー) の運命はいかに。




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 地域情報 イベント

category:地域情報 イベント
comment(0) | trackback(0)
記事編集