何でも食べたい、食べてみたい、美味しいもの、珍しいもの、いろいろ食べた記録。+気になっているもの。
今年も名古屋日帰り② ~そーれはあんかけスパ発祥~ 
2017.12.27 Wed 18:00
 
葉栗屋を出て、息子を会場まで送っていった後、熱田神宮に参拝した。

大鳥居から入り、大きな楠に驚き、本殿にお参りし、

壁に向かって勝負運を祈った。


地下鉄に乗って、栄町に着いたのは、午後1時半。

まだまだ、お腹がすいたというわけではないが、せっかく名古屋に来たからには、もう一つぐらい名古屋名物を堪能したい。

ひつまぶし、天むす、台湾ラーメン、ベトコンラーメン、カレーうどん、エビフライ、味噌おでん、どて煮、手羽先・・・、

いろいろある中で特に未知で気になったのが、

あんかけスパゲティ

食べられる店は市内にたくさんあるが、とりあえず元祖といわれる店に行ってみた。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


そーれ


HPには、あんかけスパゲティの変遷についてかかれてあった。

はじまりは1961年までさかのぼります。
イタリア料理として「スパゲッティ」が認知され始めた頃、他店にはない「オリジナルミートソース」を作ろうとしたところから始まります。

当時、今池でお店を構えておりました父と共同経営者でありました山岡博氏が試行錯誤の上完成させた物です。
有難いことに大変ご好評を頂き、当店の名物料理の一つとなりました。
その後、山岡氏が独立をされて1963年に開業されたのが「ヨコイ」さんとなります。

徐々に徐々にではありましたが、このオリジナルソースが名古屋を中心に他店にも広がって行きました。

「あんかけうどん」からヒントを得て「あんかけスパゲッティ」と名付けられてテレビに発表されたのが、「からめ亭」さんでした。
(一部抜粋)


ようするに、①「そーれ」 で考案された あんかけスパゲティは ②「ヨコイ」 の独立とともに広がりを見せ、③「からめ亭」 によって名付けられた、ということであろう。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


メニューは、あんかけスパゲティーだけで、30種類以上。

普通ならどれにするか迷うところだが、とりあえずは定番の品と人気の品の2つを注文することにする。

さらにソースは定番とクラシカルが選べるとあったので、一つずついただくことにした。

あんかけスパゲティ そーれあんかけスパゲティ そーれ


左:ミラカン
ミラカンとは ミラネーゼ (ウインナー・ハム・野菜) + カントリー (フレッシュトマト・野菜) を略したもので、玉ねぎやピーマン、にんじんなどの野菜とウインナーやハムをとろみをつけたデミグラスソースでからめてある。

右:玉子ヨセ
太くてコシのないソフト麺にどろっとしたあんのソースをかけ、豚ロースカツと玉子焼きを乗せる。ソースはクラシカルを選んだので、胡椒が効いたピリ辛味。

「イタリアの家庭料理を名古屋の方々が好まれる味に」
「ボリューム感があり、安価におなかを満たして頂きたい」

HPにはこんな風に書いてあったが、これはイタリアの家庭料理ではないと思う。完全に名古屋人の名古屋人による名古屋人のためのメニューだと思う。

しかし、ボリューム感については全くその通りで、そうでなくても その前に味噌カツだの味噌煮込みだの食べた後だったので超お腹一杯になったであった。


そーれ
名古屋市中区栄4丁目9-10 愛信プラザビル103
052-265-3990
平日・土曜日 11:00~15:00 17:00~23:00
祝祭日    11:00~15:00
日休 P有 HP




↓“読んだ”の代わりにクリックしていただければうれしいです。管理人が調子に乗ります。
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

タグ : イタリア料理 旅行

category:食べ歩き 奈良県外
comment(0) | trackback(0)
記事編集